新潟アルビBBの練習に“史上最強の留学生選手”帝京長岡のタヒロウ参加


新潟の練習に“史上最強の留学生選手”タヒロウ参加 | 日刊スポーツ

バスケットボールB1新潟は25日、昨年の全国高校選抜大会ベスト4の帝京長岡のマリ人留学生、センター(C)ディアベイト・タヒロウ(3年)が、今日26日から練習に参加することを発表した。

タヒロウは卒業後、米国NCAA1部のポートランド大に進学が決まっている。
新潟はすでに外国人選手枠3を満たしているため、タヒロウはリーグ戦出場選手登録はされない。
練習に参加しながら、進学までスキル向上を図ることが目的となる。

年始に新潟の庄司和広監督(42)から小菅学社長(43)に、タヒロウの練習参加許可の話があった。
「彼にとってもいい練習環境。地域にとってもいいこと」と、小菅社長は2つ返事で了承した。
タヒロウは1年時から大黒柱として活躍。
昨年の全国高校選抜大会では総得点145点でランク2位、リバウンド76本も2位、ブロックショット7本は1位。
「史上最強の留学生選手」と高く評価された。

Posted by 日刊スポーツ 2017年1月26日11時24分 紙面から