日立は黒字子会社、日立工機の売却も決め、インフラ事業などに集中する方針で減収増益

画像

企業は最高益に安住せずさらに強さ磨け | 日本経済新聞

日本企業が効率よく利益を上げる体制を整えつつある。
強みを持つ事業や製品に経営資源を集中させることにより、売り上げが伸び悩んだり、環境が急に変わったりした場合に備える動きだ。
企業はこの流れを途切れさせることなく、事業基盤をさらに強固なものとしなければならない。

本紙集計によれば上場企業の2017年3月期は売上高が3%減る一方、純利益は11%増えて2期ぶりに過去最高となる見通しだ。
減収増益の決算が示すものは、ここ数年で日本企業が進めた事業再編や合理化の効果だ。 続きを読む

日立工機 iFデザイン賞 5年連続 10 度目の受賞

画像

5年連続 10度目の受賞 2017年ドイツ iFデザイン賞受賞 | 日立工機

受賞製品

コードレスロータリハンマドリル
(DH14DBL / DH18DBL / DH36DBL / DH18DBQL※ / DH36DBQL※ /DH18DBDL / DH36DBDL / DH18DBML※ / DH36DBML※)
※輸出専用モデル 続きを読む

【完売御礼】日立工機 18Vコードレスインパクトドライバ WH18DDL(2LLCKX)(BG) 発売【限定カラー】

画像

【再入荷の予定なし】日立工機 18Vコードレスインパクトドライバ WH18DDL(2LLCKX)(BG)

『18Vコードレスインパクトドライバ WH18DDL(2LLCKX)(BG)』+『コードレスワークライト UB18DJL』の限定セットが本日入荷致しました。

続きを読む

日立製作所が子会社の日立工機を米投資ファンドKKRに売却すると発表

画像

ホットストック:日立工機が売り気配、米投資ファンドによるTOBを発表 | ロイター

(前略)

日立製作所が13日、子会社の日立工機を米投資ファンドKKRに売却すると発表した。

KKRは1月30日から3月22日までの間、日立工機に対しTOB(株式公開買い付け)を実施。
日立工機は上場廃止となる見通し。 続きを読む

日立製作所、米ファンドKKRに日立工機売却で最終調整 非中核事業を整理

画像

日立、米ファンドKKRに日立工機売却で最終調整 非中核事業を整理 | 産経ニュース

日立製作所が電動工具子会社の日立工機を、米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)への売却で最終調整していることが28日、わかった。
売却額は1500億円を超えるとみられる。
社会インフラやIT(情報通信)などの中核事業に経営資源を集中する一方、非中核事業の整理を進め、収益力を引き上げる。

日立製作所は日立工機株売却の入札を行い、KKRに優先交渉権を与える方向で調整しているもよう。来月にも正式合意する。 続きを読む

12月28日の一部報道について 日立工機株式会社

画像

本日の一部報道について | 日立工機株式会社

平成28年12月28日
会社名 日立工機株式会社
代表者名 執行役社長 前原 修身

各位

各位本日の一部報道について

本日、一部の報道機関において、当社(日立工機)の買収に関する報道がありましたが、これは当社が発表したものではありません。

続きを読む

米投資ファンドKKRが日立工機を買収へ=関係筋

画像

米投資ファンドKKRが日立工機を買収へ=関係筋 | ロイター

米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)(KKR.N)は日立製作所(6501.T)の子会社で東証1部上場の日立工機(6581.T)を買収する見通しとなった。関係筋が明らかにした。

28日付の日本経済新聞朝刊によると、買収額は1500億円を超える見通しという。

日立製作所は同日、「日立工機の譲渡も含め、事業強化に向けてさまざまな検討を行っている」と発表した。
関係筋によると、早ければ来月にも合意する。

続きを読む

日立工機 日本向け製品の海外販売はご遠慮ください

画像

日本向け製品の海外販売はご遠慮ください | 日立工機株式会社

日本向けとして販売されている弊社製品が、インターネットの海外通信販売サイトにて出品・販売されている状況が散見されます。

日本向け製品は、日本国内でのみ使用されることを想定しておりますため、製品仕様が海外の工業規格に準拠しておらず、また、海外で使用した場合、電圧の違い等により、使用者が思わぬ負傷をされたり、製品の故障が生じる恐れがございます。
また、製品故障時の修理サービスにつきましても、海外においては、日本向け製品は対象外となっております。

続きを読む