長岡花火2018 花火批評(8月3日・2日目)


長岡花火2018 2018.8.2

長岡花火2018 8月3日

長岡花火2018の2日目を右岸ベンチ席Fで観覧しました。
ビッグプログラムのミュージックスターマインは、毎年安定して素晴らしく、最新技術の花火を大いに堪能しました。(下記の「ビッグプログラム」に詳細)

ビッグプログラム

ナイアガラ超大型スターマイン(オープニング花火)

花火「この空の花」(マルゴー)

本日のベスト花火。
マルゴーさんの時差式花火の技術を堪能しました。
例年以上の多種多様な変化をする時差式花火は文句なく素晴らしく、「この空の花」に対する意気込みが伝わる様な心地よさが溢れて抜群に良かったですが、特に前半はプログラムのテーマに当てはまらないようで残念に。

前日の「故郷はひとつ」のビビットに富んだ中盤の小割りのような葉落花火は、独自の表現美学をする大林宣彦監督の世界観に合致したような素晴らしい花火でした。勝手に「この空の花」で見れるか期待したのですが・・・。

花火の質や、曲のシンクロ率も申し分ないのですが、テーマの背景音楽にシンクロしない違和感は拭えなく、「故郷はひとつ」と「この空の花」の花火のテイストとテーマが逆の気がしました。

時差式花火はトレンドになっていますが、TVやSNSから見た方が液晶ディスプレイの関係で光の変化が綺麗に見えるので、現地から見た場合は好みが分かれます。その発光の細かさから現地では認識できなく歓声も低い場合も度々起こります。SNSではやたらと評価が高いですが、SNSと現地の評価は別と考えた方が良いでしょう。

大林監督作品の映画「花筐/HANAGATAMI」を見た方がテーマのヒントになる気がします。

フェニックス花火2018

序盤の多重芯変化菊の完成度の高さや、冗長になりそうな中盤の時間の使い方も上手く、終盤の壮大な迫力への繋ぎ方のシークエンスが抜群に良かったです。
終盤の錦冠も黄金色一色ではない、芯入錦冠で色のアクセントを追加した演出も際立ち、前日と違う構成も新鮮に感じて大いに堪能しました。
今後も芯入錦冠を増やして、アクセントがほしいです。八方咲きも良いかもしれません。
壮大な迫力をキープしつつ、吟味された構成にフェニックス花火の進化を感じました。

花火「故郷はひとつ」(小千谷煙火興業)

冒頭の多重芯変化菊の崩れや、前半に音楽と花火がシンクロしなく、後半で火力にまかせた強引な纏め方は、ミュースタ経験値の低さを露呈した結果に。プログラムにおける意気込みや、中盤の構成や時差式花火の質などに見るべき物も感じられて、ミュースタの経験を積めば良くなる兆しは存分に垣間見れましたが。
しかし、長岡を経験の場とすることに違和感を感じて、他で実績を残してからオファーして欲しかったです。厳しい意見ですが、野村さんは花火競技会での充分な実績、マルゴーさんのミュースタの高評価を経て、長岡でミュースタを担当するようになりました。
終盤の曲を否定するような爆音は好感です。

もしくは通常プログラムにもミュースタを増やせば経験を積めると思います(曲はクラシック中心で自社CM曲はNG)。
中終盤の中弛みの解決策にも効果的かもしれません。

正三尺玉(阿部煙火工業)

 

米百俵花火・尺玉100連発(小千谷煙火興業)

 

総評 長岡花火2018 8月3日

目を見張ることは、通常プログラムの迫力・質の高さ・吟味された構成が良かったです。
通常プログラムは全体的に前日よりも8月3日のレベルが高くて楽しめました。
中終盤の中弛みも前日より少ない気がして、花火大会全体のレベル向上に繋がったと思います。

中越高校甲子園出場花火は、白菊10号3発の後の方が良いと思います。
一番最初に白菊を上げる事で、尺玉の大きさ・音・震動が県外の尺玉に慣れていない人に効果的に伝わり、インパクトも大きいと思います。

残念なことは、「ハロー・キティ」花火が無くなって、型物花火のような一喜一憂するアクセスントが減ったことが残念でした。ビッグプログラムの間に挟むのも効果的な気がします。
今年の柏崎花火は、通常プログラムの火力が若干落ちた印象があったのですが、所々で型物花火を上手く取り入れることが中弛み解消になったと思うので参考になると思います。

技術的には、新潟県花火業者の多重芯変化菊の崩れが多過ぎたことが残念ですが、全体的にはどの業者も長岡花火にかける意気込みの高さが心地良かったです。

「故郷はひとつ」の花火業者の変更した経緯やビッグプログラムの打ち上げ花火業者の公表などの、情報開示をもっとしてほしいです。

長岡花火2018 8月3日 ベスト3

1位:花火「この空の花」
2位:フェニックス花火2018
3位:

概要

日時

2018年8月3日(金)

観覧者

54万人(主催者発表)

観覧場所

右岸(長岡駅側)ベンチ席・F

転向

・天気:曇り
・風:約2(m/s) 北東 ※風は公式発表でなく体感です