窓は気づかないうちによごれていく

窓そうじは曇りや雨の日がおすすめ

窓は、毎日よごれがたまっていく場所。窓のよごれは気づかないうちにお部屋の印象を暗くし、外からの住まいの見栄えにも影響をあたえがちです。
また、窓辺に干した洗濯物によごれが移ってしまう、カビの原因になるなどさらなるよごれを生み出してしまうこともあります。

窓そうじは曇りや雨の日がおすすめ

水を使った窓そうじは、適度に湿度があって渇きにくいタイミングがベター。また、よごれをきちんと落とすために、日差しの強すぎない日や時間帯を選びましょう。晴れた日より曇りや雨の日、真昼間よりも朝や夕方が適しています。

二度手間にならないために窓そうじは「だんどり」が大事です。
せっかく窓をきれいにしても、その後、網戸やカーテンのゴミやホコリが舞って、ガラスをよごしてしまうことも。
何度も同じところをやり直ししないためにも、順序を考えて進めましょう。

網戸はガラスより先に

網戸を後回しにすると、ふいたばかりのきれいな窓ガラスによごれが付着してしまうおそれが。メインのガラスそうじの前に、まずは網戸のそうじをおすすめします。

まずはホコリやゴミのたまるところから

砂やホコリ、ゴミなどがたまっている場所を先にすませましょう。念入りなおそうじをする場合は、カーテンは取り外して洗濯し、カーテンレールの上のホコリもはらって。窓やサッシの溝部分は、水気のない乾いた状態でブラシや掃除機を使って取除きましょう。

ガラスは外→内がキホン

ガラスのそうじは、よごれやすい面から、つまり一般的によごれやすい室外側からはじめます。そうしないと室外側のよごれにまぎれて室内側のよごれが見えにくいですし、先に室外側をやっておくと、後から室内側をそうじするときに、ふき残しを見つけやすくなります。また、洗剤が乾いてこびりつくのを防ぐために、1枚ずつそうじしていくことも大切です。

1.洗剤をつけて、よごれをふき取る

ぞうきんに洗剤を浸します。ガラスに直接洗剤をスプレーする方法もありますが、ムラになりやすく洗剤の液ダレが残りやすいので、洗剤は先にぞうきんにつけるのがおすすめです。ぞうきんは常にきれいなもの、きれいな面を使うようにしてください。

2.濡れたぞうきんで拭く

洗剤が乾く前に固く絞ったぞうきんでガラスを拭きます。まずはサッシに沿ってガラスの端を四角く拭き、中央に向かってコの字型に拭いていくと効率よくきれいになります。

3.乾いたぞうきんで拭く

ガラスに残った水気を取除きます。拭き残しや拭きムラがないか正面だけでなく、いろいろな角度から確認するのがポイントです。

窓のリフォーム・窓の悩み相談

窓の結露対策窓の結露窓の断熱対策窓の断熱窓の遮熱対策窓の遮熱窓の紫外線窓の紫外線
窓の防犯対策窓の防犯窓の目隠し対策窓の目隠し窓騒音対策窓の騒音窓の防災対策窓の防災
窓の機能性向上窓の機能性窓の調整窓の調整窓の掃除窓の掃除①窓掃除窓の掃除②

窓について

窓の種類サッシ(窓枠)の種類ガラスの種類

お手入れ・お掃除 一覧

窓の掃除窓の掃除①窓掃除窓の掃除②網戸掃除網戸の網目掃除網戸掃除網戸の掃除sponge浴室の掃除①
sponge浴室の掃除②キッチンの掃除キッチンの掃除洗面室の掃除洗面室の掃除水栓金具の掃除水栓金具の掃除トイレ掃除トイレの掃除
HOME新着ブログブログ一覧サイトマップ