WP 投稿ページにサイドバーを表示 TwentyEleven


ワードプレス初心者のカスタマイズ 作業17

wordpress

WordPressのテーマを直接変更

 

投稿ページにサイドバーを表示

ワードプレスのテーマTwentyElevenの投稿ページにサイドバーを表示しあす。

作業1

管理画面『外観』 >> 『テーマ編集』 >> 単一記事の投稿 (single.php) を開いて編集します。
※小テーマを使用している方は、小テーマ側のスタイルシートを編集して下さい
テーマを更新(アップデート)した場合は、テーマに加えたカスタマイズがすべて失われます。テーマを修正する場合、子テーマの利用を検討してください。子テーマを使用すればテーマの変更は確実に保持されます。

<?php get_footer(); ?>

の前に、

<?php get_sidebar(); ?>

を貼り付けます。

作業2

管理画面『外観』 >> 『テーマ編集』 >> テーマのための関数 (functions.php) を開いて編集します。
※小テーマを使用している方は、小テーマ側のスタイルシートを編集して下さい
テーマを更新(アップデート)した場合は、テーマに加えたカスタマイズがすべて失われます。テーマを修正する場合、子テーマの利用を検討してください。子テーマを使用すればテーマの変更は確実に保持されます。

・functions.phpを開き、ページの一番下に、下記のコードを貼り付けて保存してください。

/* 投稿ページを2カラムに変更 */
function lets_get_two_colums_on_single_php_too( $classes ) {
	if ( is_single() ) {
		$classes[] = 'two-columns-singular';
		for ( $i = 0; $i < count($classes) ; $i++ ) {
			if ( $classes[$i] == 'singular' ) {
				unset($classes[$i]);
				break;
			}
		}
	}
	return $classes;
}
add_filter( 'body_class', 'lets_get_two_colums_on_single_php_too', 20 );

以上で投稿ページにサイドバーが表示されるようになりました。

【注意】「functions.php」編集前には必ずバックアップ

「functions.php」を編集前には必ずファイルをバックアップしておいてください。
「functions.php」は、サイトを表示する時や管理画面を表示する時に読み込まれる大事なファイルなので、コードの記述ミスなどがあると画面が表示されなくなる危険性があります。
バックアップファイルがあれば、コードのミスで画面が表示されなくなっても、バックアップファイルで元に戻せます。

テーマ更新

新しいバージョンに「テーマを更新」した場合は、テーマに加えたカスタマイズがすべて失われます。
テーマを修正する場合、子テーマの利用をした方がよさそうですが、勉強中なので子テーマのやり方がわかりません。
他のサイトで調べてください。

WordPress 作業カテゴリ

1.ヘッダータイトルの余白調整2.検索ボックスの位置変更3.『Proudly powered by WordPress』をCopyright ©に変更
4.固定ページのタイトルを非表示に変更5.メインサイドバーを変更6.メインサイドバーの調整
7.投稿(BLOG)タイトルの変更8.タグに枠をつける9.投稿にサイドバーを表示(プラグイン)
10.サイト全体の横幅サイズを1000pxから1400pxに変更11.サイトの余白をなくして横幅最大に変更12.サイトの上部余白を削除
13.ヘッダー画像のサイズ変更14.上部のグレーの線を削除15.マウスオーバーで画像半透明に変更
16.フッターエリアの色変更17.投稿ページにサイドバーを表示18.サイドバーの幅を変更
19.画像の枠線を消去20.表の上下の罫線を消去21.タイトルバーや文字の変更